トップ -> 水道ドクターブログ -> 濁り水が出たら…

水道屋さんブログ

濁り水が出たら…

/ /

濁り水が出たら

水道から濁った水が出たらびっくりしますよね。

水道工事や断水により、濁り水が出ることがあります。
まずはしばらく様子を見ましょう。それでもきれいにならないときは、水道局へ連絡をお願いします。

濁りみずにも、色いろあります。

赤い水が出る

赤い水は、水道管に出来る錆などが、水道工事や火災の消化活動後に、水圧や水量が一時的に変わったため、一時的に錆が流れ出たものです。
しばらく水を出しておくときれいになります。

白い濁りが出る

数分間放置すると消える場合は、水の中に小さな空気(気泡)が入ったためです。
そのまましばらくしておくと気泡は消え透き折った水になります。

放置しても白いままや、沸騰した時に白く濁る

給水管に鉛管や、亜鉛メッキ鋼管を使用していると、亜鉛が溶け出して白い水がでたり、朝一番に湯を沸かしたとき白くなったりすることがあります。

黒い水が出る

水道管に付着したマンガンが水圧、水流変化で流れ出たものです。
しばらく水を出しておくと消えます。

他にも、青く見えたり、青くついたり、水が臭う(塩素臭)や、夏場には、植物性プランクトンや藍藻類が、カビのような臭いをつけることもあります。

色、味、臭い、異物、異常を感じたら水道局へ御連絡下さい。

おまけ

濁り水とは違いますが、ポット、やかんに白いものが付着することがあります。

これは、水道水に入っているミネラル分が原因。
水道水にはマグネシウム、カルシウム、ケイ酸などのミネラル分が含まれていて、これらが適度に入っていることで水の味をよくしています。
このミネラル分が、水が蒸発したあとに残る為にポットなどに白いものが残る原因なんですよ。

気になることはありませんか?クイックナビゲーション